こんにちは、デジタリアンK (@digitaliano_k) です。

前回USB-Cケーブルを比較しましたが、最後に謎が生まれました。
色々調べましたのでメモしておきます。
以前書いたものと重複する部分もありますが、まとめて記載しておきます。

ようやくだいぶ見えてきました。USB-C 非常に複雑でした。

USBーC(USB Type-C)とは?

  • Appleが「USB-C」と呼んでいるものは、厳密に言うと「USBType-C」 という「コネクタ形状」
  • 同じ「USB Type-C」というコネクタ形状でも、USBの規格としては USB 2.0 (480Mbps, 500mA)、3.0 (5Gbps, 900mA)、3.1 (10Gbps, 1A)  というUSBのデータ通信量や電流量の違いがある。全て5Vだが電流量は多くない。
  • USB Type-C 形状であれば、5V 1.5A もしくは 5V 3A = 15W のどちらか?(つまり最大3A)
  • USB PD 最大 20V 5A = 100W(電圧・電流ともに USB規格とUSB Type-C規格を大きく上回る)

USB規格の上に、コネクター形状規格が上乗せされ USB Type-Cは5V 3Aまで使用可能となり、さらにその上にUSB PD仕様が上乗せされ複雑化している。(さらに言うと USB Type-CとThunderbolt3が同じコネクタ形状となったため同じ形状でもデータ転送速度に USB2.0の480MbpsとThunderbolt3の40Gbpsまで転送速度差も発生している・・・)

ううん・・・非常に非常に複雑・・・

ANKER PowerPort+ USB-Cの30Wは?

 

PowerPort+ 5 USB-C Power Deliveryの出力は、

PowerIQ 出力 :5 V == 6 A(各ポート最大2.4A)
USB PD出力 :5 V == 3 A / 9 V == 3 A / 15 V == 2 A / 20 V == 1.5 A

と記載があり、最大でも USB PD出力で 30Wとなる(前回の投稿でMacBookで30Wが出たのはこのためと思われ)
いずれも3Aは下回っているので、Type-Cコネクタであれば満たしている電流量ですので、この製品で使用するには問題はないと思われる。

USB PD規格自体は「最大で」100W(20V 5A)であるが、この機器では最大で30Wとなるようだ。

同じUSB PD対応でも30Wと100Wでは大きな差がある。同じ端子なのに使用可能な電圧・電流量が異なるケーブルが存在するのは非常に混乱する。特に30Wまでしか使用できないケーブルを100Wに使用すると・・・

「USB PD対応」と謳う製品が少ないのはなぜか?

 

個人的な推測であるが、単に「USB PD」という場合、消費者側からすると「100Wまでいけるんだ」と思いがちであり、実際は100W対応していないものに100Wの負担をかけて問題が起きることを懸念しているのか。

実際にMacBook 12の29W ACアダプターの説明にも「USB PD仕様のものはサードパーティー製品でもMacBookを充電可能」と記載があるが、これは裏返していうと「USB PDであれば確実にMacBookを充電可能だが、逆にMacBookを充電できるからといって、100Wまで使用できるUSB PD対応であるかはわからない」ということになる。

「USB PD」仕様ケーブル探してみた!

一つの例として、エレコム製ケーブルを記載する。

エレコム(株)の USB3-CC05BK という製品を見つけたが、これは対応ではないようだ。

USB3.1 転送速度 10Gbps、最大3A対応

 

上の説明書きにはType-Cの容量である「最大5V、3Aでの充電に対応」とあるが、USB PDは非対応とある。それなのに、一番下には MacBook Pro 2016、MacBook 2015 の充電ケーブルとして使用可能、とある。5V以上に使用できるがUSB PD仕様ではない!? 12インチと13インチはフルでも3A超えないので心配はないが、 15インチの 20.2V x 4.3A には耐えうるのであろうか?

その後、Power-Delivery対応品が、USB 3.1(5A)、USB 3.1(3A)、USB 2.0 (5A) の3種類発売されたようだ。
5A品を買っておけば最高の100Wまで耐えうると予想される。もちろん転送速度も早い方が良いのでUSB3.1の5Aを買うことになろう。15インチ売ってしまったのですぐには必要ないが・・・いずれにしてもこのようにPD対応を謳っていて5AまでOKと製品に書いてあることで消費者は安心して使用が出来ると言うことでエレコムさんは偉いと思った。

 

 

 

Appleの純正ACアダプターの電圧と電流は?

 

AppleのMacBook用ACアダプターは、以下の電圧と電流の組み合わせで使用できるとのこと。

29W = 14.5V 2A (USB PD) or 5.2V 2.4A
61W = 20.3V 3A (USB PD) or 9V 3A (USB PD) or 5.2V 2.4A
87W = 20.2V 4.3A (USB PD) or 9V 3A (USB PD) or 5.2V-2.4A

87Wは100Wに耐えうるケーブルでないと何かが起きそう。ということは15インチに付属のケーブルは100W対応、12インチと13インチの付属ケーブルと同じもののように見えるが異なるケーブルなのか、実はすべて同じケーブル(USB PD対応)なのか・・・誰かに教えて欲しい点である。

さらには ANKERやAUKEYのケーブルは100Wまで耐えうるものなのか、違うのかも誰かに教えて欲しい点である。

 

とりあえず手元には 12インチしかないので、USB Type-C形状であれば3Aはあり使用には問題がないという理解で安心できた。

ただし、表裏もなく小さくて便利だと言うUSB-C形状も、通信スピードの闇や、電圧・電流の闇を抱えていることが今後一般の消費者にどう説明していくのか? Type-Cでも1.5Aと3A品が混在しているという話もあり・・・。

 

 

 

 

 

anker - USB急速充電器 - PowerPort+ 5 USB-C USB Power Delivery # 1