こんにちは、デジタリアンK (@digitaliano_k) です。

MacBook 12インチ (2015) で Elgato Game Capture HD60Sは動くのか?

結論から言うと、やはり動作しませんでした。

以前、Elgato Game Capture HD60Sを買ったものの、家にUSB-Cがなかった上に当時はWindowsしか付属アプリが動作しないということでしばらくお蔵入りしていました。

最近、USB-Cガジェットを巡るなかで「そういえばあの時お蔵入りにしたElgato Game Capture 60Sはそろそろ使えないのか?」と思い出しました。

ElgatoのウェブサイトからMAC用のソフトをダウンロードしてインストール、USB-CケーブルをHD60SとMacBook12インチに接続してみましたが、残念ながらHD60Sに電源が入ることもなく、ソフト側からも認識されませんでした・・・。

過去の経験からMacBook12インチのスペック不足であることは容易に想像が出来ましたので、必要スペックを調べたところ、以下のスクリーンショットの通り、MacBook12インチでは役不足でした。

<必要スペック>

macOS 10.11.4以降、
4GB以上のRAM
組み込まれたUSB3.0ポート
第4世代 クアッドコア Intel Core i5以降
GPU必須(AMDかNVIDIA)

あ〜、全部のせのMacBook Pro 15インチ (Late 2016) で試用すべきでした・・・。

ただ1世代古いHD60でも十分使えています。

HD60で十分?

実は、HD60とHD60Sの運用上の違いがあまり分かっていません。miniUSBかUSB-C端子での接続の違い以外ピンと来ていません。どちらも1080p60fpsでキャプチャーできますし。実際HD60であれば、見栄えは良くないですが MacBook12インチで普通に動作します。

一つの使用例として、iPhone7 Plus からHDMI出力して、HD60経由で MacBook 12インチに接続した写真を掲載します。HD60はminiUSB端子ですので MacBookに接続するときに AUKEY社のUSB-AとUSB-Cアダプターを使用しています。ケーブルが見苦しくてすみません。

MacBook にソフトが画面を映し出しているのが見えると思います。

参考までに HD60とHD60Sの比較を

HD60とHD60Sの見た目上の違いはあまりありません。

おもて面のロゴが多色になっていること、
USB端子がUSB-Cになったこと、

くらいです。

 

いつかUSB-C端子を持つハイスペックPCを手に入れたら、再度思い出してHD60Sをガシガシ使ってみようと思います。