こんにちは、デジタリアンK (@digitaliano_k) です。

またまた USB-C 端子が混乱を招く内容です。

以前軽量に持ち歩けるUSBモニターを購入しようと思い立ち、いろいろ調査した結果、少し先走ってUSB-C端子しかないASUSのMB169C+を買いました。15.6インチフルHDのIPS液晶です。

 

 

 

 

ケーブル1本でPCと接続でき、見た目とは裏腹に持ってみると800gと非常に軽量に感じます。スタンド兼カバーも同梱されており非常に素晴らしいと感じました。

MacBook 12インチでは出力できない・・・

対応製品は ASUS G752、ASUS UX501VW、Apple MacBook12、Google Chromebook Pixel 2015 と記載がありますが、、、

到着して唯一USB-CポートのあるMacBook 12インチとApple純正ケーブルで接続してみましたが、出力されませんでした・・・。Display Port何やらのSignalがないと画面に表示されるのみです。

またモニターに付属の両側USB-Cケーブルだと真っ暗な画面のみで反応すらせず。

物理的に接続はしているしモニター側も反応はしているのですがそれまで・・・。

意気込んでUSB-Cを買ったのに・・・。

しばしお蔵入りとなりました。

DELL Latitude 7370だと

しばらくしてDELLのノートPCを使用開始、それにはUSB-Cポートが2つもありました。右側にはUSB-Aが1つあるというこの時代の過渡期にはもってこいのスペックでした。

こちらだと、MacBookでは真っ暗なままの画面だったのが、モニター付属のケーブルで映し出されました!!

家でマルチディスプレイだと出先でノートPC1画面では非常に狭く感じますがこれでお手軽にマルチモニター環境と外出先で実現できます!

ひょっとして Thunderbolt3ケーブルなら??

DELLではなんとか出力できたわけですが、なぜMacBookは?の疑問を解決するため、現在Appleストアで安く販売されている belkin の Thunderbolt3ケーブルを購入してみました。

 

 

その結果・・・

何と!さすがThunderbolt、MacBook も Dellも両方とも普通に画面を映し出しました!

やはりThunderboltの雷マークが端子に印刷されたThunderboltケーブルじゃないとダメなのでした。

 

USB-CとThunderbolt端子の形状が同じ件、非常に非常に一般消費者にはわかりにくいと思います。
端子形状が共通化されることは大歓迎ですが、USB PDにしろ、電流量にしろ、Thunderbolt規格の混在などで実は見た目が全く同じUSB-Cケーブルでも種類はいろいろあることになります。

参考までに、家にあるANKERやAUKEYのケーブルでも試してみましたが、両方ともSignalなしになりましたので、記録として残しておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで疑問が・・・

 

とりあえず Thunderbolt3ケーブルを持ち歩いておけば良いのか?

Thunderbolt 3ケーブルはどれくらいの電流を流せるのか? USB PDに対応しているのか?

そうすると、Thunderbolt 3 ケーブルと ELECOMの5A対応ケーブルを持ち歩かないといけないのか・・・

また調査事項が増えました。

 

<追記>

Appleストアのサイトに以下の説明がありました。

  • 最大40Gbpsでデータを転送
  • Thunderbolt 3またはUSB-C対応デバイスとディスプレイに接続
  • USB 2よりも約20倍高速のUSB 3に対応 = 最大10Gbps
  • 最大60Wの充電ができるPower Delivery機能

 

USB-Cケーブルとして万能の性能を有しているようです。