こんにちは、デジタリアンK (@digitaliano_k) です。

キーボード沼はまだまだ続くのか・・・

 

2016年、一時期ゲーミングキーボードからFILCO、東プレまで多数の試用をして、現状は 家では 東プレREAL FORCEの海外廉価版である TYPE HEAVEN(デザインも気に入っている)を、外出先ではHHKBのように特殊なキーレイアウトではないのに最小サイズであり押しごこちも良い 東プレOEM?の韓国LEOPOLDのFC660Cを使用しています。

ただ両方ともUSBケーブル接続と有線で接続は一対一であり、仕事でSNSやSMSで時々長いメッセージを携帯に入力する際に携帯電話のフリックだと時間がかかるため、家や仕事先では簡単に入力先(接続先)を切り替えできる複数のデバイスに無線接続できるキーボードというものをテーマとして探してはいました。

Logitech (Logicool) K870!

 

最近ELECOMよりすごいマウスを探していて、3つを切り替え可能なLogitechのマウスMX Masterなるものを使用しはじめたところで非常に気に入っているのですが、同じLogitechのキーボードであればこのマウスの切り替えスピードと同等ではないのか?と思い、K870というフルキーボードを購入しました。

海外で購入しましたのでブランドは Logitechですが、日本では logicool です。商標登録の理由でしょうか。

外観

 

まず見た瞬間に気になるのはキーが丸いことですが、タイプしてみるとそれほどは問題ありません。K870の一つ下のキーボードは店頭で試打したところカチカチと音がしましたが、このK870はカチカチ音は皆無、非常に静かにタイピングが可能です。

スタンド部分はゴムっぽい塗装で滑らないですが、この塗装は年月を経るとベタベタになるのでこれもそうならないかと心配です。

 

これはすごい!

1は iPhone 7 Plus ジェットブラックに、

2は iPad Pro 12.9 に

簡単に接続完了。

キーボードのスタンド部分に iPhone を縦に、iPad Pro を横に置くと幅がほぼ同じくらいです。

3が意外と苦労しました。

現在家では古い MacBook Pro 15 Retina 2013 を rain design mStand に載せ、DELL U3415W に外部出力してマルチディスプレイとしています。MacBook Proにこのキーボードの3を割り当てるべくBluetooth接続を試みたのですがこのキーボードのBluetoothが4.0以降にしか対応しておらずMacBook ProのBluetoothは対応していないようで接続できません。

Logitech Unifyingのドングル使用

MacBook ProはBluetoothでの接続は無理でしたが、もともと MX Masterという同社のマウスを使用しており、これもBluetoothではなくUnifyingで接続していましたので、もともとUSB端子に刺さっていたUnifyingのドングルにこのキーボードも接続して3を割り当てました。同社のアプリをダウンロードしてデバイスを追加するだけで簡単に追加できました。

これで、家に帰ったら iPhone, iPad Pro をスタンドに置き、iPad Split View で2画面にすると画面数は非常に多くなり、必要な時はキーボードの切り替えボタンを押せば「瞬時」本当に瞬時に切り替わります。