こんにちは、デジタリアンKです。

今回はANKERさんのライトニングケーブル90cmを購入することとなり、折角であれば新色をと思いローズゴールドを購入しました。様々なブランドのライトニングケーブルを購入しましたが、今のところ触り心地と風合いでANKERが一番のお気に入りです。

ところが、、、

今回購入したローズゴールドカラー、今までの布のような触り心地から、やや金属質というか曲げに対して硬くなり表面も少しツルツルしているような気がします。またピンクと白の編み込みの模様の幅も以前まとめて購入したゴールド、シルバー、ブラックと違うような。さらには太さも細くなったような気がします。

試しにライトニング端子から15cmくらいのところを空中で斜め上を向けて持ってみると、ゴールドは重力に負けて下に下がっていきますが、ローズゴールドは若干下を向くだけでほとんど重力にも負けず曲がりません。

ちょいとネットで調べてみますと、今回買ったのは第2世代とのことです。

アマゾンの商品説明には「より丈夫に、より色鮮やかに: ナイロン編みでアルミコーティングされているので、より丈夫に、より色鮮やかになりました。一般的なケーブルより丈夫に作られており、4000回折り曲げても問題なくご使用いただけます」とあります。私が感じる金属質なのはアルミコーティングなのでしょうか、そうすると今まで持っていたのは第1世代!?

 

さらに調べてみると、第2世代はより柔軟になったとの記述あり。ますますわからなくなってきました。

これを進化というのか。
個人的にはこれまでのソフトな感じが好みなのですが。