こんにちは、デジタリアンK (@digitaliano_k) です。

Apple社の発表イベント直後、意気込んで全部のせで約50万円で購入した MacBook Pro 15インチ ですが、2週間弱使用してみて、、、、、

売っちゃいました・・・。まだ2ー3週間の納期がかかる全部のせだからか、意外にも買った価格に近い金額で売却できました。

以下になぜ売ってしまったのか理由を記載します。

理由1 USB-Cがまだ早すぎ!?

 

左右に合計4つのThunderbolt3 USBーCポートがあり、端子の上下もなく、ケーブルは両端がUSB-Cであればオスメスもなく、どれも充電ができるという優れもので、今から1ー2年以内には急速に浸透していくものだというのは分かっています。

USB-C to HDMIアダプターやら、Thunderbolt3(USB-C) to Thunderbolt 2アダプターやら、USB-A to USB-Cアダプターやら、USB-C to USB-Cケーブルやら、USB-C SDカードリーダーやら、Appleの特別価格販売もあり準備はしたのですが、

現在の MacBook Pro 15インチ (Early 2013) は、自宅で外部ディスプレイに接続してクラムシェルモードで使用しています。つまり、マウス、キーボードは外付けです。

このMacBook Proですと、

Mini Displayport → DELL 3415Wに接続(画面が真っ暗になるようなことはなく快適に動作)
HDMI → 小さい外部ディスプレイに接続
USB → マウスのドングル
USB → 外付けフルキーボード(TOPRE TYPE HEAVEN)
SDカード → 普通に本体に挿すだけ

と見た目がそれほど悪くなりません。

同じことを新MacBook Pro でしようとすると、

USB-C + USB-Aアダプター経由 → マウスのドングル
USB-C + USB-A アダプター経由 → 有線キーボード
USB-C + HDMIアダプター → DELL 3415Wに接続(数分おきに画面が真っ黒になるイライラあり)
USB-C → ACアダプター

SDを使用するときはほとんどありませんがそのときは電源を外してリーダーを接続。

 

ADアダプターを外して、SDカードリーダーを接続したとすると、USB-C 4ポート全部にアダプターがあり、見た目が非常に悪いです(売る前にこの写真を撮りたかった・・・)。また出張時にもアダプタをたくさん持ち歩かないといけません。

Appleストアにある4K/5Kの LGディスプレイのように、USB-Cで全てを済ませることが出来る、Bluetoothでも快適なマウスがある(今はELECOMのEX-Gを使用していますがドングルなしで快適なマウスがまだ見つかりません)、キーボードも無線で良いものがあるような時がこれば、USB-CだけのPCでもOKかとは思いますが、現時点の2013年モデルでSSDの容量以外は特に不満がないため、新しいMacBook Proは一旦手放すことに決めました。

 

理由2 Touch ID と Touch Bar

 

Touch IDは確かに楽です。ただどうせ目の前にキーボードがあるわけですから多少文字を打つことは問題無いです。むしろ手を伸ばしてTouchIDに持っていくのが面倒な気もします。

Touch Barは、新しい仕組みで面白いのは面白いのですが、あまり使用しませんでした・・・。

ましてや、クラムシェルモードにすると使用できません。

とはいえないよりはあった方が良いのは確実です。

もし Touch IDとTouch Barがなくて13インチモデルみたいに安い15インチがあるなら、なしを買うかも。

 

理由3 キーボード

普段は Cherryの青軸・黒軸、東プレの廉価品TYPE HEAVENなどのフルキーボードを使用していることもあり、多少は12インチよりも深くなりましたが、まだストロークが浅いと感じてしまいます。

MacBook 12インチで新しいキーボードは使用していますが、やはり個人的には以前のストロークの深い方が打ち込みやすいです。

以上の理由で一旦手放しましたが、USB-Cの周辺機器の環境が整備されてきたらまた買うと思います。今回の一番大きな理由は買ったばかりのDELLディスプレイが快適に使用できないことでした。